松林先生がお勧めする輪郭形成術

顔の形は丸顔、卵顔や四角顔、ベース顔など様々なタイプがあります。 誰もが憧れるのは、小顔で綺麗なフェイスラインですね。
当院は、九州で唯一、輪郭形成術(骨削り手術)ができる技術と設備を整え、カウンセリングから手術、検診まですべて院長の松林が担当させて頂きます。大学病院並みの手術室を完備し、あなたの体をしっかり管理する麻酔技術にも自信と責任を持って行います。
まずは、カウンセリングであなたのご要望を伺い、術前にご自身のレントゲンを見ながら一緒に手術部分の詳細な説明をさせていただきます。患者様との時間を十分に取り、おひとりお一人に合った手術を行うことを大切にしています。
すべて日帰りの手術が可能です。口腔内からアプローチする術法です。よって、お顔に一切傷を付ける事もなく、周囲に気付かれる事もありません。

輪郭形成術の種類

エラ削り(下顎角形成術)
「エラが角ばって顔が大きく見える」と感じる方は、角ばったエラの部分を削る方法でソフトなフェイスラインを作り小顔にすることができます。
エラが大きく見える原因は、骨格によるもの、咬筋(咬む為の筋肉)によりもの、皮下脂肪の厚さによるもの等があげられます。
このうち、骨格が原因でエラが張って見える症例では、下顎角形成術が最も適しています。カッティングバーで張り出した部分を切除し、同時にラウンドバーでフェイスライン全体を整え、ソフトなラインを形成いたします。
頬骨削り(頬骨形成術)
「頬骨が横に張り出し顔幅が広く見える」、「頬骨が高すぎて頬がこけたように見える」などを感じる方は、頬骨弓をカットする事で優しいフェイスラインの小顔にすることができます。
術法は、前面、側面、斜面の気になる方向をカットしたり、削ったりすることで整えます。
口腔内と髪の中などからアプローチします。的確な場所からしっかりとした形成術が可能で、希望の効果が得られます。
アゴ削り(オトガイ形成術)
「アゴが長い」、「しゃくれている」、「左右が違う」等を感じる方は、アゴを削る(もしくは切る)ことで、バランスのとれた輪郭となります。
逆に、顎が短かく後退している方は、シリコンプロテーゼを入れることで理想のアゴの形を形成することができます。
受け口(下顎歯槽骨形成術)
鏡の前で「イーッ」とした時に下の歯が上の歯より出ている方やいわゆる「しゃくれ顎」、又、受け口が原因で笑顔に自身がない方など長期間の矯正を必要としないセットバックがおすすめです。一日で理想の口元となり笑顔に自信が持てます。
出っ歯(上顎歯槽骨形成術)
いわゆる「歯が出ている」または、「笑うと歯茎が見えて口元がしまり難い」、「年齢の割には法令線が深く見える」、「口元が出ている」、もしくは「上と下の歯がピッタリ」の人は、骨削りをしてキレイな噛み合わせになりましょう。時間がかかる矯正とは異なり、一日の手術で理想の口元を手に入れることができます。術後の歯の矯正は必要ありません。
無料メールカウンセリング実施中! ! お電話でのお問い合わせは0120-566-595 朝9時半~夜7時半 年中無休・完全予約制
こちらからお問い合わせ下さい。
お名前(
ご年齢(
メールアドレス(
お電話番号
お住まいの都道府県
性別( 女性  男性
ご質問・備考
お問い合わせの内容は、個人を特定できないように配慮した上で、
当院ホームページ「新着のQ&A」に掲載させていただく事があります。